おでかけしよう*
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き援護射撃を。
日常の出来事を書きたいのに
事態が一転二転・・というか急に悪い方に方向転換しそうなため
またお願いの記事になります。


****************************************************************************

4月28日、原発警戒区域内の小動物の救済・調査に、全国の獣医さんが同行することになってました
多くの人が声を上げ、獣医さんが奔走し、やっと国が動いたと思った矢先


環境省、一転して警戒区域内への獣医師とボランティアの立入りを拒否? する模様だというのです


(13:32追記)
28日に行われる予定だった調査は、
福島県役人など公的調査のみ。
獣医さんの立ち入りは今回は見送る
 



信じられない。

殺処分のためなら立入させるのに 救護のためだったら立入りさせないとか
こんなことって許されます?


環境省が決定しそうだった獣医師らの同行を、内閣府と原子力保安院が阻止・・・



まーた保安院かい!
あの集団に命に関わることを決定する権利 ほんとにあるのか?



私、心の底からほんっとに菅政権が憎いです
できることは全部やってるなんてよく言えたもんです


今朝もある番組で 浪江町の町長さんが涙ながらに訴えていました。
原発の一番の被害者である住民が給餌のために居残ってあんな悲痛な訴えをしてるのに
その声すら届いてないの? っていうか無視でしょ。


現在、要望書など環境省に急ぎ訴えているようですが、まだまだ広まっていません。
冷静かつ迅速な働きかけが必要です。
もっとたくさんの人がこの事に関心を示していることを
環境省と阻止しようとしていると言われる内閣府に知って頂く必要があります。





動物救護のため 獣医師やボランティアの警戒区域内への立入りを認めることの要望書提出に
ご協力どうかよろしくお願いします



※ちなみにプロが書いた要望書例
http://blogs.yahoo.co.jp/qdkbd678/61766410.html



環境省/動物愛護管理室
FAX03-3508-9278
shizen-some@env.go.jp

https://www.env.go.jp/moemail/

原子力安全・保安院
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html




以下の獣医さんのブログに詳細が書かれています。
ぜひ要望書の提出にご協力ください!


動物のためになにができるか

新庄動物病院の掲示板

獣log
コメント
コメント
私もブログ書こうと思ってたトコ。
いったいどうなっちゃってんのか…

私も管の顔見るたびに吐き気がする。
胸ぐら掴み上げて頭突きくらわしてやりたい…
2011/04/27(水) 11:39:24 | URL | なおこげ #- [ 編集 ]
保安院て
もう、名前からおかしくなってるよね~

「保安」できてないのに「保安院」て・・・

広瀬隆の本にはまってます。
原発いりません。。。

こんな被害が出ているのに、まだ原発いるって言う人の気持ちがよく分からない今日この頃です。
2011/04/27(水) 23:34:53 | URL | たかあき #- [ 編集 ]
☆なおこげさん
この速報見たときは倒れそうになったi-182
民間人なめんなよって感じよー
2011/04/28(木) 12:11:20 | URL | そらのママ #- [ 編集 ]
☆たかあきさん
天下り団体に命に関わる何かを決める権限があるなんて恐ろしい。

原発・・・人間が制御できないなら要らないよね
今回の人災被害者の悲痛な思いを無駄にしたらダメだと思うわ。
2011/04/28(木) 12:13:52 | URL | そらのママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。