おでかけしよう*
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何ができる?
佐賀県武雄市が 被災ドッグ受け入れ構想  を策定したのを知ったときは
行政単位で動いてくれたということが素晴らしいと思いました



そして京都市もこんな発表しましたよ


 東日本大震災で京都市に避難している被災者のために、
 市内や周辺自治体でペットの犬と猫を一時的に預かってくれる住民や事業者を募集。


 市営住宅などには最長1年間無償で入居できるそうですが、ペットを飼うことが認められてないんですね。
 被災者から相談があったことでこの募集が決まったようです。

 募集受け付けは20日から。問い合わせは市保健医療課、電話075(222)3429






でも一方でこんなニュースもありました
牛3千頭・豚3万匹、原発20キロ圏に…餓死か

20キロ圏内に 牛約3000頭、豚役30000頭、鶏約60万羽が取り残されていて
その多くが餓死しているそうです

共食いも・・・



こんな豊かな時代に餓死や共食い?



苦しんで苦しんで その先に待つのが餓死なら
せめて安楽死させてあげてほしいと思うのです

行政に嘆願書・要望書が出されているようですが
如何せん対応が遅い。遅すぎます。

数日で戻れると思ってペットや家畜を残して
とりあえず身一つで避難した住民の方も多いでしょう

でも国のお偉いさん方は 避難が短期間で終らないこと、ある程度のところで分かっていたはず。
一ヶ月以上何も手を打たなかったことが腹立たしくて悲しくて もう何の感情か分かりません。

そしてその犠牲になるのは動物。



人命救助が第一なのは重々承知してます。
でも いくらなんでも酷すぎませんか?
震災や津波でなすすべもなく命を落としたのとは訳が違う。





その記事にこんなことも書いてありました。


行政側は「原発問題が収束しないと対応しようがない」と頭を抱えている



・・・・・






そうですか。





20キロ圏内を 避難指示区域から警戒区域に変更する方向で調整が進んでいるらしいですが
立ち入れなくなる前に1頭でも と民間人が助けに入ってるんです




数日前、猫たちのことでお世話になっている気甲斐性のある肝っ玉母さんが
牛舎に閉じ込められたままの牛を救出するために 南相馬市に入りました。
政府ののんべんくらりとした対応を待ってたら間に合わない 死んじゃうって。
その行動力には本当に頭が下ります。

LOVE&PEACE 活動録


震災から一ヶ月 置き去りにされた動物達はまともな餌、水を口にしていません。


現地からの情報として 牛だけではく路頭に迷っている保護しきれない犬や猫のため
犬・猫用のフードのほかに お水が大量に必要とのこと。


ミネラルウォーターは今でも全国で品薄です。
水道水を持ち運びしやすいペットボトル(1~2リットルサイズ)に入れたものでもOKだそうです。


レスキュー活動をしている団体は他にもありますが
過去の経験から愛護団体については個人的に思うところがあり 
面識のある方が関わっている上記の記録だけを記載しました




あぁ・・・こんな援護射撃でしかできないのが本当に本当にもどかしいですが
短期決戦なので 今わたしが出来ることを。

過酷な状況下で生き延びている命が どうか1つでも多く救われますように。
コメント
コメント
悲しい・・
メッセします。
署名をお願いします。
どうか、拡散してください。
よろしくです。
2011/04/20(水) 14:13:13 | URL | きのこ #yNj2legE [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。